一歩先を行くecサイトが成功を収め易い!その虎の巻とは?

前置きに対する考え方を持ち合わせよう

ecサイトの中には、様々なジャンルの商品を扱っている事もありますよね。不特定多数のネットユーザーの中には、様々なジャンルから興味を抱いてくれる人もいるだろうと考えてしまう場合もあります。前置きと言う言葉がありますが、前置きには様々な欲求を生み出す潜在的な力を持ち合わせていますよ。例えば、電気屋に足を運ぶ前は、様々な電気商品を見るイメージを持ち合わせる事によって、思いが高まって来る事もあります。前置きに対する思いを高めるためには、専門性を強く出し、分かり易く伝える事が大切です。ケーキであれば、ケーキ専門店、ケーキ屋と言う様な言葉を看板に加える事もポイントですよ。

ユーザーは主に二つのタイプに分かれるが

ユーザーがecサイトを利用する目的には、主に二つのタイプに分かれます。一つは、従来から利用している内容を求めるユーザーと、新しい刺激を求めるユーザーです。日用品などは、従来の内容を求める人もいますが、人は新しい刺激を求める本能を持ち合わせているのです。人の脳は、常に成長をしたい欲求を持ち合わせていまして、刺激が単調になれば、脳が活性化されない事もありますよね。そのため、日用品であろうとも、新しい内容をバランス良く取り入れて行く事も重要なのです。老舗としてecサイトを運営する場合は、従来からの商品に頼り過ぎる事もあるでしょう。新しい商品開発は、ユーザーに興味を抱いてもらう効果のみならず、自身の脳を活性化させてくれる効果も期待出来ますよ。

流行りの内容について押さえておこう

流行りと言うのは、何事も始まりがありますよね。他の内容と違う姿によって、引き立てられる事もあります。ただし、流行りの内容が普遍化すれば、引き立てる効果を失ってしまう事もありますよ。つまり、多くの方が真似をすれば、ユーザーから興味を失ってしまうリスクが流行りにはあります。特にecサイトのデザインに至っては、サービスの質が悪いecサイトも真似て来るかもしれません。そうなれば、同じデザインからは、質の悪いecサイトだと判断されてしまう可能性もありますよ。つまり、流行りとは、他のecサイトが真似られない最先端の姿が望ましく、常に、最先端についてアンテナを張っておく事もポイントと言えるでしょう。

ecサイト構築では、専門的な技術だけでなく、見栄えの良いサイトに仕上げるためのセンスも必要となります。

Separator image