ビットコインは素人でも利用できる?どのようなときに使える?

ビットコインの仕組みと入手方法

ビットコインは、通貨とほぼ同様の役割をする電子データの一種です。特定の管理する企業や国がないため、通貨にはあたりません。ビットコインの利用者の同士が、暗号の一種ブロックチェーンによる方法で、目に見える形で取引の管理をしています。パソコンやスマートフォンにビットコインを管理するアプリを入れて、ネット上で使える準備をすれば、誰もが利用可能となっています。一般的な入手方法は、交換所のサイトにアクセスして、自分の持っている通貨の為替レートに合わせて、見合った額と交換ができ、アプリにビットコインの額のデータを入れられます。その日にビットコインを入手したい買い手や、通貨に換金したい売り手のバランスによって換金する価値が決められますので、日々価格が変動します。価値が電子データとして登録される所は、電子マネーに似ていますが、取引所での通貨との交換は、証券の売買とよく似ています。

ビットコインが暗号通貨と言われる由縁

ビットコインには特定の管理者はいませんが、適正な入出金取引をするための仕組みがあります。ブロックチェーンと言われる方法で、暗号により取引の適切な管理を行っているために、ビットコインは暗号通貨と言われています。ます、取引の記録を載せたファイルが多くなると、次のブロックに書き込む作業をします。その際に、不正利用のないように、間違いのない履歴を続けるために、ブロック同士をつなぐ必要があります。そのつなぐチェーンの部分に暗号を設定し、その暗号が正しいものかどうか計算による算出方法で求められます。一連の作業は、一定の知識のあるビットコインの利用者によって行われています。一番早く正しい暗号の解答を出した人に報酬を与えられます。暗号を計算して求める方法でビットコインを入手をする場合、仕組みが作られた時から、受けられる報酬の数は決まっていますので、先に参加した人の方が有利になります。正確な結果を出すためには大掛かりな設備や卓越した知識が必要ですので、一般の人が報酬を得るのは非常に難しいでしょう。

日本国内ではどのような場面で使えるのか

日本国内では、まだビットコインを使える場は少ないですが、実店舗で使うとすれば、店舗にあるバーコードリーダーをスマートフォン等で読み取り、ビットコインのアプリを起動させてお店への支払いを済ませます。スマートフォンや携帯電話に電子マネーのアプリを使って支払うのとほぼ同じような手順となります。ネットショップで利用するには、インターネットに接続できる環境であれば即時で、ビットコイン管理用のアプリから直接決済ができます。小額決済であっても手数料が無料、もしくは決済額の1%ほどくらいの少ない額で済むため、気軽に利用できます。管理者がいないという点、利用することでポイントが付く電子マネーでの決済が支持されているという点で、日本ではあまり馴染みがありませんが、取り扱う店舗やポイントサイトが徐々に増えてきていますので、今後は利用できる場所や機会が増えてくるのではないでしょうか。

投資としてビットコインを利用したいのならば、専門業者を利用してみると良いでしょう。充実したサポートを受けながら始めることができて快適です。

Separator image