事件に巻き込まれないために!誤解のない行動を

インターネットを安全に利用する

現代は、SNSが主流になっていますね。誰でも手軽に利用できます。便利さの反面、注意することも多くあります。このSNSを利用したために、事件に遭うケースも発生しています。インターネットは便利なので、これからも需要は確保されます。生活の一部になっているネットを安全に利移用する義務があります。個人情報を必要以上に載せないなど、工夫が必要です。トラブルを防ぐためにも、どのようなことに気をつけるか考えてみました。

誹謗中傷が起きる原因と対策

ネットに匿名で、自由に書き込めます。これが匿名の特徴でもあります。好き勝手に書かれたことは、誤解を生みやすいので注意が必要ですね。最大の原因は、書いた人がどんな状況で書いてるかがネットを見てる人には伝わりません。これが、人間同士が対面で会話をすると相手の様子が感じ取れます。言葉だけのやり取りは、それが見えないので対策が必要です。このため、書き込む時は、客観的な文章にします。バーチャルの世界でものを考えることで終わるので、その実態は何か広く考えて見ます。

もしトラブルに遭ったら毅然な対応を!

SNSを通して、誹謗中傷に遭った時の心構えを書いてみます。この時に重要なのは、気にして良い事と無視して良い事を見極めます。悪質な場合は、警察などに相談しましょう。ポイントなのが、素早く動くことですね。黙っていると、エスカレートしやすいので早期解決が鍵です。または、SNSを利用しないのも効果的です。余計な情報が入らない環境を作ります。いろんな情報で左右されないように意識しましょう。自分でメンタルコントロールするのが、最も大切になります。

誹謗中傷対策とは、不当な誹謗や中傷によって名誉や信用を毀損するリスクを回避するために必要な対策のことをいいます。

Separator image