ネットの誹謗中傷が生じたときの対処する方法について

名前を出さずに意見を記すサービスが多くあります

ネットには、名前を出さずに意見を書くことが可能になるサービスがたくさん存在しています。興味を持っているジャンルに関して互いに話したり、よくわかっていることをネットを使って明らかにするのは楽しいことですが、腹立たしい相手を誹謗中傷するのは、行儀作法の違反といえます。しかし、現代社会にはエチケットを守らない人も見受けられます。そうした人間に槍玉にあげられると、オンライン上に最も大切なプライベート情報などを流されることがあるということがあります。

全国にある相談窓口に連絡をとってみましょう

限られた人にだけ公開するウェブログの場合だとしても、参加者を罵ったりプライベートデータを晒すという部分は、不当行為というものになります。そのような災難に見舞われたのであれば、サイバー犯罪を対象としている窓口に、意見を求めてみた方が賢明です。名誉毀損を意味するとして、アドバイスを受けることができることになります。全国的な地域に手段を講じるインターネット犯罪の話し合いができる窓口の連絡先を探し出して相談してみましょう。

窓口に直接行くのも選択肢の一つです

ダイレクトに行政機関に対して赴いて、交渉することも不可能ではありません。こうした場合には裏付けとして、ホームページ上に記された箇所を、確実に印刷して持参すると、スムーズに対応してくれます。ダイレクトに行くのが不安であれば、インターネット犯罪の受け付け窓口にメールなどで連絡をしておくと、気分的に余裕に結び付くといえます。被害が強まらない内に、一刻も早くそれ相応の所に悩みを打ち明けることが、これから先のことも想定してふさわしいといえます。

サジェスト対策とは、インターネット検索等でキーワードとなる単語を入力すると、それに当てはまる候補の表示がされるように表示対策をとることをいいます。

Separator image