トロフィーはイメージが大事…トロフィーをもらう時は気分最高!

イメージを膨らませてトロフィーを選ぼう!

皆さんはどんなトロフィーをイメージしますか。トロフィーにはいろいろな形状があります。例えば優勝カップです。日本の国技である大相撲の千秋楽では、大きなカップ型のトロフィーを手にする力士の姿もよく見ます。女性歌手が手にするトロフィーなら、エレガントでスマートなデザインのタワートロフィーがお似合いです。このようにトロフィーを用意する時には、どんな人たちに贈るトロフィーなのかによってイメージを膨らませると良いでしょう。

大会の雰囲気や年齢層を考える!

トロフィーは小さな大会やちょっとした催し物でも用意されます。幼稚園生などの幼児に渡すトロフィーなのに、高価で立派なトロフィーを渡してもその価値は分かりません。シニア層で開かれるゲートボール大会で、重量があり過ぎるトロフィーを渡せば、持ち上げるだけで負担がかかります。格闘技の選手に渡すトロフィーが、小さくてかわいいトロフィーでは全くイメージに沿いません。トロフィーは大会の規模や年齢層を把握した上で、イメージに合うものを探さなければならないのです。

どこにもないオリジナルトロフィー!

簡単にもらえないトロフィーだから故、その価値は深いのです。もらったトロフィーがオリジナルトロフィーならば、さらに価値が高まります。トロフィーが授与される時は、どんなトロフィーでも嬉しいものですが、授かったトロフィーがどこにもないオリジナルトロフィーならば、もらう側の気分も最高です。トロフィー専門店ではオリジナルトロフィーの制作も行っています。トロフィーを注文する際には、希少価値が高いオリジナルトロフィーがおすすめです。

町興し等の地域イベントが増加傾向にあります。イベントではコンテストを行う物も多数ありますが、その表彰式に花を添えるのがトロフィーです。あまり安っぽいのは逆効果ですので注意が必要です。

Separator image