人に何度も見てもらうためのホームページを作る”3つの知識”

読者は内容よりも文章を”見ている”

ホームページのメインとなる記事文章、この文章がどう書かれているかによって、読者が読むか読まないかを判断しています。これは、どれだけ濃い内容、価値ある内容であったとしても、残念ながら一目で『読まない』と判断されてしまう可能性があります。それを避けるには、文章を読ませることから見せることにシフトすると、読者は何度も足を運んでもらえるようになります。難しい言葉や表現を多用しても、読者は理解できません。どれだけ長文であっても読む気にはなれません。ここをまず注意し、知っておく必要があります。

見やすい文章を作るためにできること

読者に見てもらうための文章は、改行を多用することで生まれます。1文書いたらすぐに改行する、という方法も良いですが、これではまだ足りません。1文を3から4行にして書き、次の文は2から3行の空行を入れることで、文章を塊として見せることができます。だから読者は読むというよりも”見る”感覚でホームページに来てくれるようになります。空行によって、見るべきものが一目で分かるので『分かりやすい文章』という印象も与えることができます。

文字の大きさ・太文字・色を盛り込んでみる

文章の中には”伝えたい大切なこと”が必ずあります。それを単調な文章ではどうしても伝わらないので、文章に効果をつけると良いでしょう。効果とは、文字を大きくしたり、太文字にしたり、あるいは色を使って表現することを言います。これによって、読者に伝えたこと、学んでほしいこと、知ってほしいことをより分かりやすくすることができます。このとき、効果を多用することはNGなので注意です。単調な文章の中に効果を入れることで浮き上がり、それを印象付けさせるためのテクニックです。多用すると埋もれてしまい、ただ目がチカチカする文章になるので気をつけましょう。

今の時代ネットは必要不可欠です。消費者はすぐに「検索」をします。なのでどんな小さな会社でもホームページ作成をすることで、かならず知名度を上げることができます。

Separator image